2010年10月26日

いきなりですが、
最近、「3」という数字の力に
興味があります。


チリの落盤事故の救出劇!
まだ記憶に新しいと思いますが、
閉じ込められた作業員の数は、

33人・・・。

トンネルの直径は66センチ・・・。

救出されたのは、69日ぶり・・・。

そしておまけに出迎えた愛人と妻との
三角関係も話題に・・・。

なんて・・・







まあ、2の次に倍数の多い数なんだから、
いろいろ探せば出てくるだろう・・・
と思いますが、

それでも、こう並べられると、
何か、力があるのか、
力をだしやすくなるのか、
わかりませんが、
興味はわきます。



たとえば、点で考えると、
1は点、
2は線、
3ではじめて面に。

3Dも話題ですが、
立体で考えても、縦と横に加え、
奥行きが出ることで
はじめて立体的にモノがみれます。

つまり、3という要素は、
それだけ広がりのあるものになります。



他にも、
長島の背番号にはじまり、
入社して三年はやめるなとか、
万歳三唱、三三七拍子、
三権分立・・・

日本ではなじみのある数字であることは
間違いありません。



で、言いたいことですが、

つまり、3つめが大事なんじゃないかと・・・。

なんでも
第三者的な視点も踏まえ
考えることが重要で、
広い目で物事を見ることが
大切なのでは?



物事を判断するのにも、
YESかNOかではなく、
それが最善なのか、
他にもうひとつなにかないか、
という感じで
考えることもときには必要なのでは?


そんな感じで、
3つめになにか広がりを感じる
そんな気がする最近なのです。


みなさんも、
3という数字・・・
所縁はないですか?


ちなみに、僕は、G1ではかならず、
3-7を賭けます!!

以上(笑)









posted by ぬっくん at 15:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/167246420

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。