2010年09月20日

ルール

最近、KAIRIに物事のルールや規律を
教えることが多くなってきたのですが、

こちらが、
「ん?おれも守っていない・・・」
ってことがたまにあります。


たとえば、
ごはんを食べた後、すぐ横にならないとか、
そんなちょっとしたことなんですが・・・

でも、よくよく考えてみると・・・

これを守りなさい。。ではなくて、

これを守らないと、
こんなことが起こるからだめなんだよ、とか、
こうしないとケガとか痛い目にあうよ、とか
なぜ、そこにルールや規律があるかを教えないと
意味がないんですよね。



全然話は違いますが、
野球賭博問題で、
力士たちが、廃業や降格などの処分を受けましたが、
あれも結局、ルールを破ったから
そうなったわけなんですが、

なんでそこまでダメなのか・・・


だって、誰も逮捕されたわけでもないのに。。


確かに違法なことをしたわけですが、
花札をかけた横綱は
一般的な見逃せるレベルとして扱われ、
金額が大きかった力士たちは
人生を変えられるレベルまでの扱いを
受けたわけです。


つまり、ルールを守ることが大事なんではなく、
やったことによる影響が大きいものが
問題だってことなんですよね。


金額の大きい野球賭博は、
暴力団への資金源になったり、
人間関係のもつれを引き起こしたり
社会を乱す根源になりかねません。

ましてや、名の売れた力士などが
そんなことをしているなんて、
社会への影響は測り知れません。


それに対して、
花札や麻雀、賭けゴルフなどで、
レートの極端に低いものは
いわゆる、遊び程度のものですので、
取締の対象外となります。


つまり、
ルールなんて、人間が作ったものですから、
守ることが重要なのではなく、
なぜそのようなルールがあって、
何を守らなければならないかという
根源を理解することが一番重要なのかな・・・と。


そして、それを、うまく
こどもに教えてあげることが
重要なのかなと、思うわけです。


「あいさつをちゃんとしなさい。」ではなく、

「あいさつされたら、うれしくなるよね?
だから、ちゃんと人に会ったらあいさつしようね。」というふうに、


具体的になぜ、そうしないといけないのか、
そんなことを考えながら、
物事って教えていかなくちゃいけないのかな・・・なんて、
思うわけです。




もちろん、違法なことはしちゃいけないと
思いますが・・・


重要なのは人に迷惑をかけないこと、
そしてルールがある意味を知るってことかなと。。。


うまく子どもに教えられるように
よく考えなきゃなと思う
今日この頃です。























posted by ぬっくん at 01:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/163176964

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。