2010年07月21日

AKBの戦略

久しぶりの投稿です。
すんません。

で、いきなり
内容が、AKBという・・・(笑)

さて、ウエンツとAKBの大島さんが
グループ交際?というNEWSが
今日、流れてきましたが、

AKBは、アイドルグループなので、
交際は禁止らしい。

別にもう大人なんだし、
いいじゃない。と思うわけですが、
まあ、DVDの売り上げが、
モー娘。を超えたという
勢いのあるグループのトップですから
そうもいかないようです。

で、AKBというのは・・・


ご存知のとおり、「AKB48」と書いて
「エーケービーフォーティエイト」と読ませる
日本のトップアイドルグループのこと。



ここまで、すごいグループになるとはねえ。
プロデューサーはご存知、作詞家の秋元康さん。
ほんと、この人の戦略は、すごいですよね!!


先日なんか、「AKB48の総選挙」
なんかやったりして、
ファンの心をつかむ術を知っているというか・・・

選挙ブームにあやかってか「総選挙」と
名付けてイベント告知するやり口は、
ホンと、関心します。



秋元さんと云えば、
かつて「おニャン子クラブ」をヒットさせた
敏腕プロデューサーとして知られていますが、
アイドル業界では、
つんくプロデュースによる「モーニング娘。」
のブームによって、
少し影を潜めていた感がありましたよね。


でも、新しい戦略として採用したのが
「総選挙」戦略。

アイドル同士を競わせ、
あるものには栄光を与え、
あるものには悔しい思いをさせる。


「総選挙」という名前を借りた
芸能話題づくりの戦略ですが、
応援しているほうも、
アイドルになりたいと思うほうも、
熱くなる、うまい戦略です。
必然的に、なにもしなくても、
アイドルとしての質もあがるのです。


やはり、ただアイドル(商品)を
生み出すのではなく、
その商品を買う側も売る側も
自然に商品への思い入れを深め、
商品価値が勝手にあがっていく
その戦略が、
今のAKBの勢いに現れているのでしょう。


そして、応援する(憧れる)ファン層も、
子供から大人までというのが、
売れる秘訣でしょうか。。。



たった10人のファンからはじまったAKBが
いまや、ほぼ毎日公演があるにもかかわらず、
すぐにチケットが売り切れるアイドルに
成長した、その戦略に、あっぱれです。


どんな商品でも、やはり、
売る力・売り方もすごく重要だと、
痛感させられる
AKB48です。。



うちの鳴かず飛ばずも
どうやって売るか、
考えないと・・・。
今のままでは、
売れ残ってしまう。。。

早く、買い手を見つけなくては・・・(爆)




posted by ぬっくん at 10:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
納得しながら読み進めた記事の最後に
こんな地雷がしかけられていたとは(爆)

商品分析し、市場を分析し、
付加価値を提供できるレディーとして
がんばりたいと思います。 ・・・Yes!!!!
Posted by なかとば まいたん at 2010年07月21日 13:23
地雷(笑)

あと二人のほうに仕掛けたんだけどね。。


Posted by ぬっくん at 2010年07月30日 16:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。