2010年05月27日

個性の時代(前編)

先日、じいちゃんが、
テレビを買いました。

LED_AQUOS_52。

とにかく、でかい。


昔は、家電というと、
最新モデルで、
できるだけ安くて、
持っていてステータスになる、

そんな選び方だったんじゃないかなと、
思います。

そのなごりか、
じいちゃんは、アドバイスも聞かず、
一番最新で、AQUOSとういうブランドにひかれ、
52型という、超巨大なテレビを
買ったのだとおもいます。

もちろん・・・






AQUOS自体はいいと思います。



AQUOSは、うちにもありますし、
画面はなめらかで、
きれいだと思いますし、
特にLED仕様なので、
さらに、見やすい。

いうことはないと思います。



が、しかし、



言い方は悪いですが、
じいちゃんが、その最新の機能を
使いこなせるとも思いませんし、

半年前のそのモデルだと、
10万以上、価格が下がります。

半年間で、そこまで
質や、機能がよくなるとは思いませんし、
テレビが見れればそれでいい、
じいちゃん世代にとっては、
もっと、お手ごろな商品が
あったのになあ〜
と思うのが、僕の本心です。


そして、お友達の家には、
46インチのAQUOSがあるのを、
僕はしっています(笑)

つまり、
新しく買い換えるなら、
大きさも、負けてはいられない、
といった、負けず嫌い精神が
でたのも、明白です。


でかけりゃいい、
最新ならいい、
安ければ安いほどいい、


もうそんな時代は、終わったのかな。。
というのが、僕の思うところ。


つまり、
携帯でも、スマートフォンがでたり、
らくらくホンがでたり、
デザイン重視なものがでたり、と、

ユーザーにあった
商品がありふれているため、
このジャンルで、一番いいものという概念は、
すでになくなっていると思うわけです。


まさに個の時代。



また、モバイル・PCの発達により、
通信・ゲーム・音楽・動画・・・
ありとあらゆるものが、
集約されはじめているため、
使い方や、楽しみ方で、
買うものは変わってくるはずなんです。


ゆえに、ジャンル自体なくなっているわけです。

TVとPCが一緒になったもの、
携帯とTVが一緒になったもの、
ウォークマンとPCと携帯と・・・・

自分にあった
ライフスタイルを考えた、
そんな商品の選択をしていく時代なのかな・・・と。


そして、さらに、
買った商品をネットにつないだり、
さらにバージョンアップさせたり、
カスタマイズしてなんぼの時代なのかな・・・とも。


ライフスタイルにあった、
商品選択。

人事採用で、個性が重視されるように、
時代は、個を求めているのかもしれませんね。。








































posted by ぬっくん at 12:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/151245261

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。