2010年04月10日

日常会話の工夫

あんまり話をしない人と
長時間一緒にいると
なんか気をつかいますよね。



このまえ、仕事で
他の会社の人と
話をしないといけない時があり
ずいぶんと
気をつかいました。



どうすれば、
簡単に
会話が続くのか・・・

ちょっと考えて
みました。





「休みは何をしてた?」

相手「なんもしてない・・・」


では、会話終了ですよね?(笑)



やっぱりそこからが
工夫のしどころ。


例えば、

なにもしてないと
相手がいうなら、


じゃあ、
「起きてパジャマのまま
ずっといたの?」

相手「うん」


「ご飯を食べてまた寝るまで?」


相手「うん」


「お風呂は?」

相手「はいってない」


「え?じゃあ、そのまままた
同じパジャマで寝たの?」

相手「そう・・・」


「まじ・・・(笑)本当何もしてないね」



みたいに、具体的に
掘り下げていけば、
相手のだらし無さや
本当に何も
してなかったことが
すごくわかります。
そして会話も続きます。


やっぱり、
日常の会話も
コミュニケーション能力が
問われますよね。



自分の話ばかりせず
相手の話をきき、
うまく、
話を広げてあげる、
そんな会話が
必要なのかなぁなんて
最近思います。



とはいっても、当の僕が、
結構、人の話を 聞かず
一人しゃべりたい系なので、
以後、みなさんの
話を聞けて、
話を広げられるよう
気をつけて会話しよう、
と思います。



みなさんも、
日常会話にも工夫、
してみてはどうでしょう?



posted by ぬっくん at 17:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/146159262

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。