2010年02月12日

三方良し

最近、いろいろな取引先と
お話する中で、
口コミの力や
風評の力の
影響力に驚くことが
多々あります。



会社都合や
個人の都合で
取引先に迷惑をかけていたり
人情が欠けるような対応を
したりしている人が
一人でもいると

あっという間に、
その噂は流れるんだなぁ
なんて・・・



例えば、
自分が困っている時に
助けてくれた人や会社が
不況の影響で
逆に窮地に立たされていたとしても
できることさえ何もしないとか、

成果主義の会社の
営業マンが、
自分の利益のために
適当なことをいって
高値で物を売ったり・・・


そんな悪態というか、
情けないというか、
人の道を外れたことを
している人が一人でもいると、


真面目に働いている人が
実際にはたくさんいても、
その会社のイメージや、信頼は
あっという間に
崩れ、広まってしまうって
ことです。



ましてや、今の時代、
ネットを通じて
一瞬にして
万人に、そんな
悪い情報は広まって
しまいます。



なので、
何か新規で取引をする際に
ネットでその会社が
調べられた時、
悪評が検索に
ヒットしてしまうと
それだけで
まず、壁を作られてしまうので、
本当、風評の力は怖い
って痛感させられます。


まあそんなこともあり、
最近はなるべく
取引先の担当者と
よく話し、
対応をみながら、
風評や人から聞いたことを
話半分に聞くようにして
自分の目で
相手を判断するように
していますが・・・



近江商人の有名な言葉があります。


『三方良し』


売り手良し、買い手良し、世間良し、
という意味です。


つまり、商売は
自分や相手がよければ
いいのではなく、

万人にとって
良しとされる
取引でなければ、
商売は発展しないという
考え方です。



風評や口コミは、
世間大半の
受け取り方や感じ方。

三方良しの考え方で
商売をしていかないと
企業の永続的成長はない
ということでしょうか?




posted by ぬっくん at 00:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/140876622

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。