2009年12月14日

安いことはいいことなんだろうか・・・

先日、
じいばあの希望により、

3・4年前くらいからやっている
イルミネーションを
さらに増やすために

ホームセンターへ
いってきました。


そこで、いろんな種類の
イルミネーションがあったわけなんだけど、
去年の在庫と思われるものには、
すべて、50%OFFと
書かれていました。

まあ、普通に他より安いので、
良く見てみることに・・・




在庫ってゆっても、
去年のものだから単に安いだけで、
少し箱が汚れている程度だから、
中身は全然新品とかわりません。


で、値段が倍近く違うわけなので、
処分品を買おうと決めて
店員さんに聞くと、

さらに、50%もひいてくれるとのこと。


結局、75%引きですよ。




値段なんて、あったもんじゃない。



赤字覚悟ならわかる。
でも、けっして、今年売らなきゃいけないものでも
ないような気がする。

ただ単に、在庫を整理して、
来年、新しいものを
取り入れたいからなんだろうか。

僕的には、
客をバカにしているような
気がしてならなかったわけです。


もし、そんなに安く売って、
利益がでるなら、
ぼったくりだし、
もし、大赤字だったとしても、
去年、その定価で買っていたらと思うと、
バカバカしくなるからです。



うちは、ものづくりの会社です。
他社で安く見積もって、
なかなか新規品はとれないですが、
それでも、
値段より、質を求めてくれる会社からは
仕事の依頼がきます。

なので、その商品の値段を決めるときは、
値段の割りには質が良いと思われる金額を
できるだけ提示するようにしています。


安さは、消費者や、買い取る側にとって
良いことかもしれません。


だけど、
それだけが良いような気もしません。

本当の価値とは、
そのモノをいかに提供する側に
快く買ってもらうか、
なんじゃないかなあ・・・なんて思います。


まあ、でも安く済むなら
すむで、助かるんですけどね。

安くてよい品作り、
がんばらねば!











posted by ぬっくん at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/135644318

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。