2009年12月02日

2nd BEST

来年は、バンクーバー五輪です。

仲間内では、以前より時々書いているように
カーリングにはまっているため、
より楽しみな五輪です。


僕らがよくいく
カーリング施設の代表である、
KOBAYASHIさんという方は
結構、カーリングの世界では
有名な方で、
今回の五輪でも、
解説をされます。


そんなKOBAYASHIさんは、
とっても、気さくなおじさんですが、
時に、とってもいい話をしてくれます。




そんないい話の中でも
僕らの中で一番印象に残ったのが、


”2nd BEST”という考え方。


カーリングでは、
Aプラン・Bプランというように、
投げる前にいくつかのプランを
設定します。

まず、一番投げたいラインを
Aプラン、
もし、Aプランの軌道にのらなかった場合の
変更ルートをBプラン、
というように、考えます。


要するに、
ひとつだけ一番良いルートを選択し、
それにかけて勝負していくのではなく、

いろんな状況・結果をはじめから予測し、

失敗ではないんだけれど、
一番良いラインにのらなくても、
結果、自分達にとって、
良い状況が生まれるためには、
どこにどう投げればよいか、

ラインからそれた場合
どのように対応するのか、

そういったことを考えて投げる
ことが重要という考え方です。



そして、そこでKOBAYASHIさんが
来年広めようとしているのが

”2nd BEST”という言葉です。


一番良いラインにはのらなかったけれど、
チームとしては結果的に優勢を取れる状況を
作れた一投となったとき、

(そもそもそうなるかもしれないことも
想定して投げた結果であることが前提。
偶然そうなった等ではだめ。)


それを”2nd BEST”と呼ぶ、

みたいな感じで使いたいとのことです。



この考え方っていうのは、
仕事や日常生活でも使えるんですよね。


世の中なんでも
うまくいくとは限りませんよね。


でも、なんとか、
自分にとって、家族にとって、
仲間にとって、会社にとって、
良い結果がでるように考えて行動しますよね。

その場合、いろんな場合を想定し、
最終的に、良しとできる結果にいかにして
持っていくことができるかがカギなんです。

常に自分の望んでいる結果にならなくても、
2nd BESTを想定して行動していくことが
重要ということです。


こう言ったら、この人はこう出てくるかもしれない、
でも、そうきたら、こう言い返そう
結果的に、ここにたどり着けるように
がんばろうと・・・。



今は今年の新語・流行語が結構NEWSになっていますが、
来年の今ごろ、

”2ndBEST”が選ばれているかもしれませんよ!!



それは、ないか(笑)














posted by ぬっくん at 00:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/134468044

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。