2009年06月11日

看脚下

看脚下(かんきゃっか)


いきなりですが、
この言葉、知ってますか?

単純にやくすと
「足元の履物をちゃんと揃えたか」
と言う意味なんだけど、
よくお寺の入り口などに
書いてあります。


禅語と呼ばれるものですが、
このところの不況で
とても参考になる話だなあと
思ったので、ちょっと書いてみました。




昔、中国に法演(ほうえん)という禅僧がいました。
その坊さんが、ある晩、
3人の弟子を連れて寺に帰る時のことです。

暗い夜道ですから明かりを灯さねば帰れません。
その時、一陣の風が吹いてきて、
その灯が吹き消され真っ暗になってしまったのです。
一向はそこで立ちすくみます。
その時、法演が三人の弟子達に向かって質問をしました。
「暗い夜に道を歩く時は明かりが必要だ。その明かりが今消えてしまった。さあお前達、この暗闇の中をどうするか言え」と。

ここで暗闇とは、自分の行く先が真っ暗になったということです。例えば、思いも寄らない災難に遭って、
前途暗たんたるところをどう切り抜けていくかという問いです。

そこである弟子が言います。



「看脚下」(かんきゃっか)と・・・。



つまり「真っ暗で危ないから、つまずかないように足元をよく見て歩きましょう」と答えたのです。
この言葉が師匠の心にかない「そうだ、その通り」と絶賛したということです。




まあ、つまり・・・
言いたいことは、

この不況という暗闇の中で、
まずはあわてずに、自らの足元を見直して、
目が慣れてきてから、
一歩一歩、進み出せばよいってことです。

今あせって暗闇の中で間違った方向へ
行ってしまえば、かえって大変に
なるかもですしね。



とても参考になった言葉です。

”看脚下”

とはいっても、
私は、無宗教です(笑)












posted by ぬっくん at 20:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ご無沙汰〜!!
近くて遠い私達ですね(笑)
早いもので、チビKOMAも先日1歳になりテコテコ歩いてます★
そして川沿いの保育園に通い、7月から私は有料老人ホームで働くことにしました(^_^;)
転職先をいろいろ考えたけど、新しい業界ややりたいことに飛びつくより、今まで自分のやってきたことを固めようと思って、現場に行くことにしました★
これも看脚下?それとも完却下(完全に却下)??(笑)

アッコと最近2ヶ月に1回は遊んでるよ!
ぬっくんが昼休みに少し抜けれるなら、今度ゆっくりとカフェでランチしようよ!!
Posted by KOMA at 2009年06月11日 21:05
ホント、近いようで、遠いね(笑)

チビコマも大きくなったんだろうねえ。
って、一回も抱いてないか(笑)

ランチしましょう♪
ふたこでいいとこ探しときまあす。
Posted by ぬっくん at 2009年06月16日 00:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/121299133

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。