2009年06月09日

going concern

企業の永続的存続。


ちょっと、難しい言葉のようですが、
カンタンに言えば、
企業は存続し続けなければならないってこと。

まあ、会社が大きくなって、
社会的役割を持つようになったとき、
特定者の従事から離れて自主化することが
必要だっていうことなんだけど、
中小企業にもすごく当てはまると
最近よく思います。

たとえば、





この経済不況の中、
中小企業がいっぱいつぶれていけば、
それだけ、雇用もそうだけど、
技術力や、競争力が失われるわけで・・・


それに、いち会社の経営者からしても、
雇っている人の家族まで
路頭に迷わせることになりますしね。


でも、”絶対”はないわけで、
本当に経営って難しいと思う今日この頃。


そして、その立場になれば、
もっとそう思うんだろうけど。


その立場にならないと
その立場になって考えないと
わからないことって、
本当にたくさんありますよね。


さてさて、
そろそろ経済不況
本格的に復活して欲しいもんです。






posted by ぬっくん at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/121178432

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。